コインパーキングの機器や看板の耐用年数はどれくらい?

「コインパーキングの機器や看板の耐用年数はどれくらい?」サムネイル画像

コインパーキング開業時には機械・看板・一時電源の引き込みなどいくつかの設備投資が必要です。これらの法定耐用年数に関して解説します。

 

コインパーキング各設備の法定耐用年数

【ロック式・ゲート式の無人駐車管理装置】

一般社団法人日本パーキングビジネス協会は2014年9月に「時間貸駐車場における表示・運用に関するガイドライン」を公表しています。ここでは、無人駐車管理装置の耐用年数は5年と定められています。

それ以前は主として金属製のものは耐用年数10年とされていましたが、自動車用の無人駐車管理装置は排気ガスなどの影響を直接受けやすく腐食しやすいなどの理由から「耐用年数の短縮制度」の適用を受ける例が相当多くあったため、5年の区分を新設したようです。

【看板】

看板の法定耐用年数は約3~5年です。

【一時電源の引き込み】

一次電源の引き込みの法定耐用年数は約15年です。

 

コインパーキングの機器は実際どれくらい使えるか?

法定耐用年数は、機械は約5年、看板は約3年、一次電源の引き込みは約15年です。ただし、計算機・ロック板・監視カメラ・照明器具などの機械類・看板等の設備は日頃の定期的な保守・定期点検・修理を丁寧に行っておけば約10年は使うことが可能です。

 

自営方式コインパーキング経営の場合

専門会社と契約せず、土地のオーナー様が自ら運営する「自営方式」のコインパーキング経営の場合、駐車場の設計・施工の発注はもちろん、精算機・看板などの初期投資、清掃・管理、トラブル対応などのすべてをオーナー様が自ら行う必要があります。そして稼働率によって収入が左右します。

ある程度の初期投資が必要で維持管理の負担も伴いますが、収入はすべてオーナー様のものというメリットがあります。

計算機・ロック板・監視カメラ・照明器具などの機械類に、看板等の設備各種をしっかり保守管理し定期点検と必要な修理を施すことで試用期間を伸ばせば、支出が抑えられオーナー様の手元に残る利益は増加します。ただし、特に副業として駐車場経営を選択されている場合、労力に合った利益率の向上は個人ではなかなか厳しいかもしれません。

 

一括借り上げ方式のコインパーキング経営なら維持費の心配は無用

一方、専門の会社に一括して借り上げてもらう「一括借り上げ方式」のコインパーキングの運営を選択した場合、機器や看板のメンテナンスも含めた全ての収支の管理は運営会社が行いますので、土地オーナー様は駐車場の収支に頭を悩ませる必要はありません。

 

「一括借り上げ方式コインパーキング」という選択肢

土地オーナー様から土地を一括してお借りし、24時間営業の時間貸駐車場として運営するのがユアー・パーキングのシステムです。オーナー様が初期費用や設備投資費用の負担や、ランニングコストに悩まれる必要はありません。

※ごく一部の場合に限り、初期費用や毎月のランニングコストが発生する場合があります。詳細はお問い合わせください。

また、稼働率・売上・収支に関係なく、オーナー様には契約内容に基づいて毎月一定の賃料をお支払いいたします。

面積・形状といったその土地特有の各種条件を検討し、コインパーキングに完成させるのも、開業・管理・運営も全てユアー・パーキングの仕事です。

賃貸借期間は2年間からが基本ですが、オーナー様の個人的なご都合を最優先し、期間が3ヶ月・半年・1年などの契約もお受けしています。解約時の設備の撤去・土地の更地返却もすべてユアー・パーキングが行います。

日常的な清掃・管理はもちろん、駐車場運営につきものの事故やトラブルもユアー・パーキングが責任を持って対応し、機器・看板のメンテナンスや電気代も含めた維持費の管理も全てお任せいただきます。オーナー様にご面倒をおかけすることは何もありません。

一括借り上げ方式はローリスクながら、固定収入が約束されたコインパーキング経営と言って差し支えないでしょう。

土地提供だけで、資金ゼロで安定収入が得られる一括借り上げ方式のコインパーキング投資という選択はいかがでしょうか。

ユアー・パーキングは、オーナー様の疑問やお悩みに寄り添い、豊富な経験の蓄積からオーナー様にご満足いただけるご提案をいたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

Page Top