コインパーキング維持のためのメンテナンス内容やかかるコスト

「コインパーキング維持のためのメンテナンス内容やかかるコスト」サムネイル画像

コインパーキング経営は、比較的低リスクで始められる土地活用の資産運用です。そうは言っても、運営中には営業維持のためのメンテナンスが必要です。コインパーキングを運営する場合のメンテナンスの内容や、メンテナンスコストの軽減策に関してお伝えします。

 

自営のコインパーキング運営に必要なメンテナンスとそのコスト

自営コインパーキング運営に必要なメンテナンスの主な内容と、コストの目安の付け方は以下のようになります。

【清掃・巡回】

駐車場内を清掃して清潔な環境を保ち、巡回によって事故・トラブルを防ぎます。駐車場利用のお客様に快適に利用していただき、利用者を拡大するために必要不可欠なメンテナンスです。
常駐者を雇用する場合や専門の会社に委託する場合など、選択する方法によってかかる費用は大きく違ってきます。いずれの方法を選択するにしても、人的労働であることに代わりはありませんから、相応のコストになってしまいます。また、労働人口の減少に伴い、今後も費用の上昇は避けられないでしょう。

【機器保守】

コインパーキングにはいくつかの機器があります。採用するシステムによって差異はありますが、ゲート・ロック板・監視防犯カメラ・照明・精算機などです。機器の故障によって利用者に不便が生じないように定期的な保守が必要です。修理困難な故障が発生した場合や老朽化した場合、機器のスペックが時代にそぐわなくなってしまった場合は、買い換えも必要です。長期的な資金計画を立てておかないと資金繰りに苦しむ事態を招くことになってしまいます。

【定期点検】

機器の定期点検により、故障・停止などが事由の運営トラブルを防ぎます。一般的には機器の購入先に依頼します。金額は購入時の保証内容によりますので、購入の際は注意が必要です。

【修理】

機器の保守・定期点検を行った上で、必要な場合は修理をします。修理作業の内容次第では駐車場の一時休業や代替機器の手配も必要になります。出費だけではなく、収入の低下も覚悟しなければいけません。点検同様、購入時の保証内容によりコストは違ってきます。
自営方式の駐車場経営を選択された土地オーナー様は、上記の内容を充分に考慮し、年間だけではなく、数年を視野に入れた収支計画を立てて収入を確保していく必要があります。

 

一括借り上げ方式の場合のメンテナンス負担

オーナー様の負担の大きい自営方式ではなく、一括借り上げ方式のコインパーキングを選択された場合、ユアー・パーキングのケースで言えば、土地オーナー様のメンテナンス負担は多くの場合ゼロです。(ごくまれに一部ご負担していただく場合もございます。各種条件により算出内容が違いますので、詳細はお問い合わせください。)

契約が成立し土地をご提供いただいた以降は、運営中の維持管理費用から契約終了時の撤退作業・土地返却まで、基本的にオーナー様の負担はございません。
運営中のメンテナンスに関わる業務やコストは、基本的にユアー・パーキングが負います。初期費用・運営管理費用・撤収費用、すべて負担するのはユアー・パーキングです。

 

資産運用としての一括借り上げ方式の魅力

ユアー・パーキングが採用する一括借り上げ方式のコインパーキング運営なら、土地をご提供いただくオーナー様のメンテナンスに関する負担は多くの場合ゼロです。開業後のメンテナンスだけではなく、開業までの初期費用も契約終了時の撤去費用もかかりません。オーナー様に必要な行動は土地の提供だけです。

初期費用・メンテナンス費用の負担のない低リスクの土地活用資産運用をご検討の土地オーナー様は、ユアー・パーキングにお気軽に声をおかけください。オーナー様の予想以上の手軽さで、低リスクでありながら固定収入が確保できるユアー・パーキングならではのコインパーキング運営の魅力をしっかりお伝えいたします。

関連記事

Page Top