コインパーキング経営に必要な駐車スペース(車室)や車路幅の広さは?

「コインパーキング経営に必要な駐車スペース(車室)や車路幅の広さは?」サムネイル画像

コインパーキング経営で資産運用をお考えの土地オーナー様であれば、所有していらっしゃる土地が駐車場として活用可能な広さか否かは大きな気がかりだと思われます。今回は健全なコインパーキング運営に必要な駐車場スペースの幅や寸法に関して、また、スペース確保と同様に、利用者により安全・安心な環境を提供できるロックレス方式に関してお伝えします。

 

車1台あたりの駐車スペースに必要な広さはどれくらい?

駐車場一台分のスペースを「車室」と呼びます。一般的に、駐車場運営にあたって必要な1台あたりの車室の幅は2,400mmから2,500mm、車室の奥行きは4,800mm~5,000mmと言われています。車室が狭いと接触事故が起きやすくなってしまいますが、広すぎる車室も不正駐車を招きますので、適度な幅と奥行きの車室であることが大切です。

ただし、上記の数値はあくまでも一般論で、ユアー・パーキングでは上記の基準より狭い所でも安心・安全な駐車場として活用できた事例をいくつも持っています。 所有される土地のスペースに不安をお持ちのオーナー様はぜひお気軽にご相談ください。

 

車路幅はどれくらい必要?

駐車場内で車が通行したり、車室にいれるために使用するスペースを「車路」といいます。車路の幅は3,500mm以上が望ましいとされています。また車室が向かい合わせになっており、車路が中央の通路となっている場合は5,000mm以上のスペースが必要です。

車路幅が狭いと車室に入れる際の切り替えしが難しくなってしまい駐車場内の接触事故の要因になってしまいます。適切な車路幅の設定が事故を防止し不正駐車を招きません。

 

フラップ板なしのロックレスパーキングのメリット

ロックレスパーキング方式は、フラップ板やゲートの代わりに、カメラやセンサーで車のナンバーを認識して車両を管理し精算するシステムです。このシステムの採用により、フラップ板で車体に傷が付く・フラップ板の凹凸で転倒・車高の高さ等の事由でフラップ板センサーが反応しないといったトラブルが回避でき、適度な車室スペースの確保とともにパーキング内の安全性が向上し、利用者が益々安心して使える環境になります。 ユアー・パーキングではフラップ板なしのロックレス方式にも対応できますので、お気軽にご相談ください。
ユアー・パーキングのロックレスについて

 

ロックレスパーキングがもたらす安心

ユアー・パーキングは、早くからロックレスパーキングに注目し、運営するコインパーキングのロックレス化を進めています。ロックレス化でコインパーキングにもたらした安心を事例に従って紹介します。

【安心して駐車できる】

フラップ板が無いため、運転技術に不安がある方もストレスなく安心して利用できます。フラップ板装置の故障が理由で精算できない、ロックが解除されず出庫できないというトラブルもなくなりました。

【車の乗り降りが楽に】

フラップ板の凹凸による転倒事故がなくなりました。地上が平坦になったため、車椅子・ベビーカー用の方も以前より利用しやすくなっています。

【大切な車を傷つけない】

フラップ板装置への接触や予期せぬフラップ板上昇によって車を傷付ける心配がなくなりました。

【利用者マナー向上】

監視カメラがとらえた場内の様子がモニターに映し出されているので、利用者のマナーが向上しています。

【トラブル・不審者の減少】

カメラによって24時間車両監視が行われているので、不審者の侵入が減り、事故トラブルは減少し、駐車場内の環境が向上しています。

【いつもきれいで静か】

フラップ板作動音がなくなったので場内は静かで近隣の方々との騒音トラブルが発生しません。 落書き・ゴミの不法投棄等が軽減しました。

 

適正な車室とロックレスパーキング採用の重要性 まとめ

駐車場経営には利用者が安全に利用できるよう適正な車室スペースを確保することが大切です。同時にロックレスパーキングシステムを採用すれば、利用者の不安・不便が解消され、場内で発生するトラブルも大幅に減少し、結果的に利用者の増大につながります。

ロックレス方式のコインパーキング経営に関心をお持ちの土地オーナー様はお気軽にお問い合わせください。ユアー・パーキングはロックレス方式を推進しており、オーナー様の所有される土地に合わせ、利用者視点に立ったご提案をさせていただきます。

関連記事

Page Top