貸し駐車場に防犯・監視カメラを設置するメリットとは?

「貸し駐車場に防犯・監視カメラを設置するメリットとは?」サムネイル画像

駐車場には様々なタイプがあります。例えば、防犯カメラが設置されている駐車場もあれば設置されていない駐車場もあります。今回は、駐車場運営における防犯カメラの果たす役割に関してお伝えします。

 

防犯カメラ未設置の駐車場で良くあるトラブル事例

防犯カメラが未設置の場合、以下のようなトラブルの発生が考えられます。

【当て逃げ・車へのいたずら】

カメラが未設置だと事故当時の状況が特定できず、被害を受けた方は泣き寝入りになってしまいます。駐車場の運営側は管理責任を問われてしまうかもしれません。仮に管理責任を問われなくとも、事故が起きると泣き寝入りするしかないような駐車場では利用者は減少してしまうでしょう。

【不法投棄】

防犯カメラがなく「監視のゆるい駐車場」であることがわかりやすい場合、立地によっては不法投棄が増えてしまいます。不法投棄が目立つ管理状態の良くない環境も利用者の減少を招いてしまいます。

【違法駐車】

監視されていない状況は違法駐車を招くことも多く、収入状況の悪化や場内環境の劣化を招いてしまいます。

【不審者の侵入】

敷地内に不審者が簡単に入り込める環境を放置すると、利用者の不安が募って敬遠されてしまい、稼働率の低い駐車場になってしまいます。

以上のように、防犯カメラ未設置の駐車場には多くのトラブルが発生する可能性があります。そのような駐車場は利用者に敬遠され売り上げは低下しがちですし、衛生状況が良くなく不審者が出入りするような駐車場では近隣の方々も不安になってしまいます。

 

駐車場に防犯・監視カメラを設置するメリット

防犯・監視カメラを設置すれば、当て逃げは加害者が特定されます。もちろん、車へのいたずらは防止にもつながり、不審者は侵入しづらくなります。
そのような環境の駐車場であれば、利用者は安心して利用できますし、近隣の方々の不安も解消されます。
また、カメラの存在は利用者のマナーを向上させ不法投棄を防ぎます。
防犯・監視カメラを設置し、カメラ映像をモニターに映し出すことで、高い防犯効果を獲得すると同時に環境の向上が期待できるのです。

 

防犯・監視カメラの設置コスト

防犯カメラの設置が駐車場の管理に上記のような効果があっても、採用する機器のグレードにもよりますがそれなりのコストが発生してしまい、オーナー様には頭の痛い問題です。ユアー・パーキングのコインパーキング運営であれば、土地のオーナー様にご提供いただくのは土地だけですので、このようなコストはすべてユアー・パーキングが負担します。

 

カメラによって監視・精算するロックレス駐車場経営も可能

ロックレスパーキング方式は、カメラやセンサーで車のナンバーを認識して管理・精算する仕組みの駐車場です。 ロックレス化されたコインパーキングでは下記のメリットがあります。

メリット1 利用者が安心

ロック板が無いため、運転技術が未熟でもストレスなく利用できます。装置の故障が理由で精算できない、出庫できないというトラブルも発生しません。

メリット2 足元の安全性向上

ロック板の凹凸が原因の転倒がなくなり、足元の凹凸がないのでベビーカー・車椅子使用の方も以前より利用しやすくなります。

メリット3 車を傷付けない

ロック装置への接触やロック板上昇によって車を傷付ける心配がなくなります。

メリット4 利用者マナー向上

場内でカメラ映像が映し出されているので、利用者のマナーが向上します。

メリット5 トラブル・不審者の減少

車両管理を防犯・監視カメラシステムで行なっているので、同時に不審者の監視も行われます。また、実際の映像を駐車場内で映すことにより、事故トラブルが大幅に減少します。

メリット6 いつもきれいで、静かな環境に

防犯・監視カメラシステムにより、ゴミの不法投棄や壁の落書き等が軽減します。また、ロック板の作動音による騒音トラブルがなくなります。

防犯カメラが機能した安心で集客力の高いコインパーキング経営にご興味をお持ちの土地オーナー様は、ぜひユアー・パーキングにお問い合わせください。オーナー様の所有される土地に合わせた安心・安全な駐車場経営をご提案させていただきます。

関連記事

Page Top