コインパーキングの駐車場スペースの幅や寸法、土地の広さ

「コインパーキングの駐車場スペースの幅や寸法、土地の広さ」サムネイル画像

コインパーキングによる土地活用にご興味をお持ちの土地オーナー様であれば、所有していらっしゃる土地がコインパーキングとして活用可能か否かが気になるかと思います。今回はコインパーキング運営に必要な駐車場スペースの幅や寸法、土地の広さについてお伝えします。

また、スペース的な制約・時間的な制約で駐車場運営をあきらめていらっしゃる方にも、コインパーキング運営会社として、あきらめることなく土地を有効活用していただきたい根拠もお知らせします。

■車1台あたりの駐車スペースの寸法はどれくらい?

駐車場運営にあたって必要な1台あたりの車室の幅は2,400mmから2,500mm、車室の奥行きは4,800mm~5,000mmと言われています。広すぎる車室は不正駐車の要因になりますので、適度な幅と奥行きが大切です。ただし、これらの数値はあくまでも一般論で、ユアー・パーキングでは上記の基準より狭い所でも駐車場として活用できた事例をいくつも持っています。

 

■駐車場の出入り口の幅はどれくらいが適切?

駐車場の出入口の幅は、出入りのしやすさが重要です。広いに越したことはありませんが、出入口も車室同様に、広すぎてしまうとデッドスペースが生まれ不正駐車を招きますので、適度な幅を取ることが重要です。

■土地の広さはどれくらいあれば十分?狭い土地でも大丈夫?

コインパーキングにご興味をお持ちでも「駐車場として活用できるような土地はないから」とあきらめていらっしゃいませんか?意外な土地が活用できた例を、ユアー・パーキングで実際にあった事例からご紹介します。

【狭い土地】
車1台分しかない狭小地でもプロの技術でコインパーキングが運営できるように設計・施工します。もちろん、P看板・説明看板・集中精算機等の機器も設置します。

【変形タイプ】
三角地などの変形タイプの土地も専門のノウハウがあれば、ほとんどの場合、各種機器まで含めた駐車場設計・施工が可能です。

【起伏のある土地】
起伏のために駐車が困難な土地でも造成工事を行えば問題ありません。駐車場を運営するにあたって造成工事が必要な土地の場合、造成工事の費用はユアー・パーキングが負担します。

【月極駐車場の空きスペース】
月極駐車場に埋まらないスペースがある場合、ワンスペースのみでもコインパーキングとして運営でき、安定した固定収入を得ていただけます。

【大型駐車場】
大型駐車場の場合も、もちろんコインパーキングとして運営可能です。専門会社としてのノウハウの蓄積を活かした的確なご提案をいたします。

【1台スペース】
たとえ駐車スペースが1台分でもコインパーキング運営は可能です。実際のスペース・周囲の状況に合わせた設計・施工をご提案します。

【個人の住宅】
コインパーキングとして土地活用したい部分が道路に面していれば、個人住宅の土地の一部でもコインパーキングとしての運営が可能です。

 

■スペースの制約だけではなく時間的制約にも対応可能

ユアー・パーキングではスペースの制約という問題だけではなく、時間的な制約がある場合も柔軟にご対応させていただきます。

【建築予定地】
「将来息子が結婚したら家を建てる」「数年後にはビルを建設」など、将来の予定がある程度決まっている土地を有効活用します。たとえ短期間でもせっかくの土地を遊ばせておく必要は全くありません。

【売却予定地】
いずれ売却をお考えの土地も同様です。短い期間でも、土地と時間を有効活用して契約内容に基づく安定した固定収入を得ていただけます。

上記のような、放置しているデッドスペースの管理をユアー・パーキングにお任せいただければ、雑草の管理はもちろん監視カメラの設置により近隣住民の安心感もアップします。

 

■スペースの制約であきらめない駐車場経営

ユアー・パーキングには豊富な経験の蓄積がありますので、土地オーナー様が「難しい」と思われている土地でも駐車場として完成させることができます。車一台が停められるスペースがあればコインパーキングとして活用できる可能性はゼロではありません。あきらめる前にぜひ専門会社にご相談ください。

私たちユアー・パーキングでは、各部署の専門職が全力でご相談に応じ、可能な限りオーナー様のご希望に合うご提案をいたします。迷っていらっしゃるなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

Page Top