土地の有効活用で駐車場経営が優れている理由とは?

「土地の有効活用で駐車場経営が優れている理由とは?」サムネイル画像

土地の有効活用には様々な選択肢があります。その選択肢の中で駐車場経営が優れている点を解説します。

■理由1. 小資金で始められる!失敗のダメージやリスクが小さい

駐車場経営の場合、ほかの選択肢と違って小資金もしくは資金ゼロでスタートすることが可能です。万が一なんらかの理由で予定通りに運営できなかった場合も、そのリスクは他の選択肢と比較して大変小さなものです。

たとえばユアー・パーキングでコインパーキングを運営される場合、土地オーナー様は土地をご提供いただくだけなので、金銭的なリスクはゼロです。
※一部の場合に限り、初期費用や毎月のランニングコストが発生することがあります。

オーナー様所有の土地に合わせた設計、工事前の近隣へのご挨拶、施工、開業、管理、トラブル対応までユアー・パーキングが責任を負います。

解約の場合は、お約束した日までに駐車場運営設備を全て撤去して土地を返却いたします。

また、駐車場の稼働率に関わらず、土地オーナー様には契約内容に基づき毎月決まった賃料をお支払いしますので、契約期間終了まで駐車場の稼働率を気にせず固定収入を得ていただけます。

■理由2. 更地に戻したりほかの土地活用に転換しやすい

土地活用にアパート・シェアハウスなどを選択してしまった場合、一度始めてしまうと簡単には撤退できません。さらに入居者の確保・建設費の返済・建物の修繕維持管理など、労力・時間・金銭ともにかなり要するのが実情で、オーナー様によっては大きな負担となってしまいます。また、更地に戻すのも簡単ではありません。

駐車場経営の場合、ほかの土地活用と比較して土地の転用が容易で大変身軽な活用であることも重要です。契約を解除して更地に戻すのにかかる時間や費用は、他の選択肢と比較すればごくわずかです。

日本では人口構成の急激な高齢化が進んでおり、若年層の割合は減少するばかりです。このような環境の中で、今後不動産に関する需要がどのように変化して行くのか予想するのは困難です。身軽な状態で資産活用するのが得策であることは明らか。状況の見極めが困難な時期を駐車場経営で乗り切りたいという考えの土地オーナー様も多いのではないでしょうか。

■理由3. 幅広い形態の土地に対応できる柔軟さ

土地の有効活用の選択肢の中には、スペースや時間の制約で選ぶことができないものもあります。駐車場経営はこの点でも柔軟です。スペース的な制約や時間的な制約に柔軟に対応できるからです。

【事例:こんな土地でもコインパーキングとして活用できた!】

1. 狭い土地

車1台分の土地でも経験に基づいたプロの技術でコインパーキングを設計・施工します。もちろんP看板・説明看板・集中精算機の設置込みです。

2. 変形タイプの土地

たとえば三角形の土地でも専門会社のノウハウがあれば、各種機器まで含めた駐車場設計が可能です。

3. 起伏がある土地

そのままでは駐車場として使えない土地も、造成工事を行って駐車場運営が可能な場合があります。その場合、造成工事費用はユアー・パーキングが負担します。

4. 月極駐車場のワンスペース

月極駐車場に空きがある場合、空きスペースのみ安定収入を確保できるコインパーキングにできます。ワンスペースから可能です。

5. 1台スペース

たとえ1台分のスペースしかなくても、コインパーキングオーナーになれます。スペース・周囲の状況に合わせた設計をご提案します。

6. 個人住宅

コインパーキングとして活用したい部分が道路に面していれば、個人宅の使わなくなった車庫もコインパーキングとして運営できます。

 

■時間的制約があってもコインパーキングとして活用できた事例も

1. 建築予定地

「ビル建設予定地」、「娘が結婚したら家を建てる」など、将来の予定がおおよそ決まっていらっしゃる土地をコインパーキングにし、たとえ短期間でも土地という資産を運用します。

2. 売却予定地

売却予定の土地も同様です。短い期間でも土地と時間を有効活用して安定した固定収入を得ていただけます。

 

■土地活用として駐車場経営が優れている点のまとめ

駐車場経営は低リスクで始められて撤退や転換もしやすい手軽さが魅力です。またスペースや時間の制約にも柔軟に対応しやすい点も大きなメリットです。ご興味のある土地オーナー様は、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

Page Top