コインパーキング経営のリスク:想定できるトラブルはどんなものがある?

「コインパーキング経営のリスク:想定できるトラブルはどんなものがある?」サムネイル画像

いくつもの選択肢がある土地活用の資産運用の中で、コインパーキング経営は初期投資が少額なこともあり人気です。しかしながら、どのような資産運用であれリスクはつきもの。今回はコインパーキング経営において想定されるトラブル・リスクに関して考察します。

■ 利用者間の事故やトラブル発生の可能性

駐車場である以上、利用者の車同士の接触事故の可能性は常にあります。立地や車室・車路の関係で無断駐車を招く場合もあるでしょう。
管理システムの盲点をついた料金未払いによる収入の損失、立地・環境によっては車上荒しの可能性も否定できません。
また、住宅に隣接する駐車場の場合は、入庫・出庫時の車の操作音やロック装置の操作音など音による近隣住民からのクレーム発生も考えられます。無断駐車や車上荒らしが発生してしまった場合は、治安上の理由で近隣住民のクレーム対象になりかねません。

■今後の駐車場需要減少の可能性

日本は急激な少子高齢化が進み、総人口は2004年をピークにすでに減少し始めています。これに伴い、車の所有台数はいずれ減少していきます。駐車場の需要が増加し続けることは難しいでしょう。
また、車の所有に対する価値観も変化の兆しがあります。一例を挙げれば、特定の自動車を登録会員で共同使用する「カーシェアリング」です。このシステムでは税金・保険等の固定費用が分散され個々の会員の負担が軽くなりますから、車の使用時間が少ない層に広がっていく可能性は大きいでしょう。こういった仕組みの普及も駐車場のニーズを左右します。

 

■リスクを最小限に抑える駐車場経営とは?

コインパーキング経営は基本的に手軽に始められて、低リスクの資産運用です。しかしながら、リスク・トラブルが全くないわけではありません。
利用者への対応、近隣住民への配慮などが日々必要とされます。これらは経営者個人の努力次第では解決が可能かもしれません。
しかしながら、人口減少などによる駐車場需要の減少や地震や水害などの自然災害のリスクなどは個人の努力で防ぐことができるものではありません。

■頼れる運営業者を選べばローリスクで安定収入が実現

コインパーキング経営にはいくつかの種類があります。自営方式であれば経営者は全ての初期投資・運営費用を負担します。経営期間中の運営管理・各種トラブル対応も経営者自身で行わなければいけません。

一方、一括借り上げ方式の運営会社を選んだ場合はどうでしょうか。ユアー・パーキングを例に挙げれば、土地オーナー様は所有される土地をご提供いただくだけで初期費用は基本的に必要ありません。

ご提供いただく土地の面積・形状に合わせた設計、施工前の近隣への挨拶、施工、開業、運営・各種メンテナンス・管理、事故・トラブルの対応、オーナー様へのお支払い、契約終了時の撤収・土地返却に到るまで、全てユアー・パーキングが責任を持って行います。

駐車場の収支に関係なく、オーナー様には契約に基づいた支払いが行われますので、駐車場市場の動向に悩む必要もありません。

土地をご提供いただくだけなので、万が一の自然災害時の設備被害の際にもオーナー様に被害は発生しません。

手軽に土地活用の資産運用を開始したいが、社会情勢によるリスクは負いたくないというお気持ちの土地オーナー様は、ぜひ一度ユアー・パーキングにお問い合わせください。オーナー様の不安に対し真摯に向き合い、資産運用のパートナーとして安心してお任せいただけるご提案をさせていただきます。

関連記事

Page Top