アパート経営以外の土地活用:コインパーキング経営で安定収入

「アパート経営以外の土地活用:コインパーキング経営で安定収入」サムネイル画像

土地活用による資産運用には多くの方法があり、それぞれメリット・デメリットがあります。今回はアパート経営のメリット・デメリット、そして、コインパーキング経営はどういった部分が優れているのかについてお伝えします。

 

アパート経営のメリット・デメリット

まずアパート経営のメリット・デメリットを検証します。

【メリット1】長期的な収入

アパート経営は、健全な経営ができれば毎月安定した家賃収入を長期に渡って獲得できます。

【メリット2】生命保険的な役割

アパートの住宅ローン契約時に「団体信用生命保険」に加入しておけば、万が一、ローン契約者が死亡や高度障害状態になってしまった場合、住宅ローンが保険で支払われます。遺族は賃貸を継続して家賃収入を得続けることもできますし、売却することも可能です。

【メリット3】節税対策

賃貸住宅の場合、「非住宅用地」を所有している場合と比較して、固定資産税は6分の1、都市計画税が1戸200㎡まで3分の1になります。相続税も大幅に軽減されます。

【デメリット1】空室の発生

空室が出てしまうと収入の減少を招き、最悪アパート経営による収入が無くなる可能性もあります。最初の10年は空室になることが少ないので、家賃保証がないケースもあります。環境の変化によって空室のリスクは変動しますので、常に情報収集を行い、空室対策を行わなければいけません。空室を発生させないために時代のニーズに合わせた設備投資も必要です。

【デメリット2】建物の老朽化

建物の経年劣化は多くの場合空室発生につながり、家賃を下げざる得ない状況になります。そういった状況を回避するために老朽化を遅らせる日常の維持管理、修繕・リフォーム等の対策が必要です。

【デメリット3】ローン金利の上昇

変動金利、固定期間選択型変動金利のローンを利用してアパートを建築しアパート経営をスタートした場合、金利の上昇に伴いローンの返済額も上昇し、返済額が家賃収入を超えてしまう可能性もあります。

【デメリット4】売却リスク

なんらかの事情で売却しようとしても、買い手がすぐに見つかるとは限りません。また、買い手が見つかった場合も、希望価格で売却できないケースもあるでしょう。

 

駐車場経営のメリット・デメリット

次に車場経営のメリット・デメリットを検証します。

【メリット1】始めやすい

必要なのは土地だけで、専門会社と契約して自己資金ゼロで始められるケースもあります。

【メリット2】低リスク

駐車場経営は他の土地活用に比較して投資額が少なくて済みます。土地オーナーサイドの自己資金はゼロ、必要なのは土地だけという契約も可能です。

【メリット3】撤退・転換が容易

土地オーナー様になんらかの事情が発生し、駐車場経営から撤退・転換する場合も比較的容易です。

【メリット4】スペースの制約に柔軟

狭小・変形といった土地のスペース的な問題点にある程度柔軟に対応できます。

【メリット5】時間的制約にも柔軟

活用できる期間に制約があるといった時間的な問題点にも柔軟に対応しやすい点も大きなメリットです。

【メリット6】 老朽化のリスクが少ない

建物と違って老朽化するものが少なく、管理・修繕の負担が大きくありません。ユアー・パーキングの場合は、管理・負担の保証も行います。

【デメリット1】節税効果が薄い

建物等が付随しない場合が多いので、税制上の優遇措置がほとんどありません。固定資産税は更地評価、相続税評価も更地と同じです。逆に考えれば、更地のまま放置しておいても税金は同じように発生してしまうので、更地で放置しておくなら駐車場運営をした方が良いと言えます。

【デメリット2】事故・トラブルの発生

駐車場経営に事故・トラブルはつきものです。自営駐車場の場合、対応はすべて土地オーナー様が行うことになりますが、ユアー・パーキングでは事故・トラブル対応はオーナー様に代わって一括で行います。

 

ローリスク・低予算で固定収入を得られるコインパーキング経営

ここまで述べたように、コインパーキング経営はその手軽さと手堅さが最大の魅力です。少ないリスク・自己資金なしで土地活用をお考えの土地オーナー様は、ぜひ一度ユアー・パーキングにお問い合わせください。

ユアー・パーキングの場合、オーナー様にご提供いただくのは土地のみ。設計・施工から管理運営、事故・トラブル対応、撤収・返却まで各部署の専門職が責任を持って対応させていただきます。

関連記事

Page Top