コインパーキング経営、成功と失敗をわける境目とは?

「コインパーキング経営、成功と失敗をわける境目とは?」サムネイル画像

コインパーキングは、本来低リスクで始められる不動産投資ですが、そうは言っても「投資」ですから、必ず成功が約束されているわけではありません。
今回はコインパーキング経営の「成功」と「失敗」各々の典型的な事例に関してお伝えし、失敗を回避する秘訣を探ります。

コインパーキング経営で成功する一般的なパターン

逆に成功するパターンに共通する条件を見てみます。

1. 事前調査で需要把握
事前の調査で所有する土地周辺に充分な駐車場の需要があることが確認できていれば 、成功の確率は上がります。

2. 料金設定が適正
コインパーキングは基本的に利用者が頻繁に入れ替わる施設です。料金は利用の大きな決め手です。需要相応であり、かつ周辺競合駐車場とも競争力のある料金が設定されていることは成功要因の一つです。

3. 固定資産税を考慮した事業計画
前述のように、建物等が付随しない駐車場には税制上の優遇措置の適用はほとんどありません。固定資産税の支払いを考慮した収支計画で、健全なキャッシュフローを構築できていることが肝心です。

コインパーキング経営で失敗する一般的なパターン

失敗する要因は以下の3つが代表的です。

1. 料金設定
需要がしっかり見込める土地でも、周辺の競合駐車場の料金設定次第で稼働率は簡単に下落します。コインパーキングの利用者の目線に立ってみれば、より駐車料金の安いコインパーキングを利用したいと思うのは当然のことです。他のコインパーキングとの差別要素を生み出すことが難しいビジネスモデルのため、必然的に上限価格の安さが決め手になりやすいのです。

だからこそ、上限料金を決める際は、周辺の競合の料金設定を意識することが重要になります。周囲の競合よりも明らかに高い料金設定にしてしまえば、利用者は他に流れていってしまうでしょう。

2. 収支計画に税金考慮なし
駐車場には建物等が付随しない場合がほとんどなので、税制上の優遇措置がまずありません。固定資産税は更地評価、相続税評価も更地と同等です。相続したマンションを取り壊してコインパーキング経営を始めた、古くなったアパートを取り壊してコインパーキング経営に切り替えるなどのケースは特に税金に注意する必要があります。

一括借り上げ式でリスクを減らす

コインパーキング運営を一括借り上げ式で外部委託すれば、需要調査・料金設定は依頼した運営会社の仕事です。

外部委託する場合、会社の選択次第でオーナー様の負担や収入、収支に大きな差が出ます。オーナー様の所有される土地の特徴、資産運用期間、希望の収入、資産運用に使える時間・労力など様々な点から考慮して会社を選択する必要があるでしょう。

一括借り上げ方式のコインパーキング経営に興味を持たれた土地オーナー様は、ぜひユアー・パーキングに一声おかけください。ユアー・パーキングには専門会社としての豊富な知識・経験・ノウハウがあります。お声をかけていただいたオーナー様のお気持ちに寄り添い、各担当部署の専門職が良き相談相手として最善のご提案をさせていただきます。

関連記事

Page Top