コインパーキングの相続税対策:相続税評価額を削減するには?

「コインパーキングの相続税対策:相続税評価額を削減するには?」サムネイル画像

土地活用の資産運用には多くの選択肢があります。土地オーナー様は資産運用の目的・期間・運用にさける時間&体力などを考慮してオーナー様に合った運用をすることが大切です。
今回は相続税対策という観点からコインパーキング経営を考察します。
※相続税に関する問い合わせ等は税務の専門家にご相談ください。

■コインパーキング経営で相続税評価額を削減するには?

土地が更地の場合は利用制限のない土地=自用地として評価が行われます。オーナー様が自ら自営で駐車場経営をされている場合も更地と同じ「自用地評価」となります。

ただし、敷地をアスファルト舗装にしていれば、相続税評価額を削減することは可能です。

■コインパーキング経営がアパート経営による相続税対策よりも優れている点

駐車場経営は、ほとんどの場合建物等が付随しないので、税制上の優遇措置は上記程度です。固定資産税は更地評価、相続税も基本的に更地と同じ評価です

税金対策という面では建物が伴うアパート経営に劣るコインパーキング投資ですが、以下の優れた点があります。

【空室リスク少ない】
アパート経営を選択してしまうと、空室が出てしまうと収入は減少してします。空室を防ぐ対策を継続して行う必要がありますが、外部委託のコインパーキング投資ならそういったリスクはほぼなく、当然対策も必要ありません。

【保険加入不要】
建物を伴う不動産投資の場合、地震保険や火災保険の加入が必要です。コインパーキング投資であればそのような保険加入は不要です。

【老朽化の不安なし】
アパート経営の場合、建物の経年劣化による家賃値下げ・空室発生を回避するためにリフォームや時代に合わせ設備投資が必要です。

【初期投資が少額】
設計・施工、防犯・監視カメラ設置、精算機設置など、コインパーキング経営にはいくつかの初期投資が必要ですが、アパート経営投資と比較すれば少額です。

■コインパーキングの相続税対策 まとめ

コインパーキング経営は相続税対策の面ではアパート経営よりも劣ります。しかしながら、初期費用も少なく済みリスクも小さい点が優れています。この点に重きを置かれるオーナー様にとってはストレスの少ない資産運用と言えるでしょう。

特に一括借り上げ方式の運営会社を選べば、驚くほどローリスクです。ユアー・パーキングを例に挙げれば、土地オーナー様は所有される土地をご提供いただくだけで初期費用は基本的に必要ありません。

ご提供いただく土地の面積・形状に合わせた設計・施工、開業、運営・各種メンテナンス・管理、オーナー様へのお支払い、契約終了時の撤収・土地返却に到るまで、全てユアー・パーキングが責任を持って行います。

必要な費用・労力ともにわずかで済みますので、本業が多忙な方にもおすすめの副業です。

関連記事

Page Top