コインパーキング経営のビジネスモデルを解説!月極駐車場との違い

「コインパーキング経営のビジネスモデルを解説!月極駐車場との違い」サムネイル画像

駐車場経営にはいくつかのビジネスモデルがあります。今回は「コインパーキング」と「月極駐車場」の違いについて解説します。

 

月極駐車場のビジネスモデル

月額支払いで賃貸契約する駐車場経営です。アパート経営同様、固定収入を確立するためには、空きを作らないように常に利用者を確保しなければいけません。

 

コインパーキングのビジネスモデル

不特定多数の方が誰でも利用できる時間貸しの駐車場です。監視カメラやゲート・ロック板と精算機を連動させて利用車両と料金徴収を管理します。

 

コインパーキング経営のメリット

コインパーキング経営は比較的低リスクで始められます。また、なんらかの事情で撤退・転換する場合もそれが容易にできる点は大きなメリットです。狭小・変形といった問題のある土地にも柔軟に対応でき、運用できる期間に制限があるといった状況でも投資できます。 
デメリットもあります。多くの場合は建物等が付随しないので、税制上の優遇措置を受けられません。固定資産税および相続税評価は更地と同じです。考え方を変えれば、更地のまま放置しておいても同じように税金が発生してしまうので、何らかの土地活用は行った方が得策です。

 

コインパーキング経営の収益モデル

コインパーキングの代表的な収益モデルである、一括借り上げ方式について説明します。
専門の会社に一括して借り上げて駐車場を運営してもらう方式です。一括で任せてしまうので、オーナー様の事情に応じた変更や細かいご希望が通らない場合もありますが、プロの視点から駐車場のレイアウト設計を行ってくれるので、利用者にとって利便性の高い駐車場になることが期待できるでしょう。
また、売上に関係なく毎月一定額の賃料が入ってくるため、収入も安定します。土地の調査、整備、舗装、機器の準備など、開業に必要な手続きも全てお任せできるため負担がありません。駐車場内の事故やトラブルへの対処も業者が行ってくれますので安心です。
ユアー・パーキングもこの一括借り上げ方式を採用しています。初期費用やランニングコストが原則、負担はありませんし、管理・運用もすべて弊社にお任せいただけます。

 

ユアー・パーキングなら土地提供だけで安定収入

ユアー・パーキングのシステムは、土地オーナー様から土地を一括でお借りし、24時間営業の時間貸駐車場として運営するシステムです。オーナー様ご自身が初期費用や設備投資費用を負担される必要はありません。

※ごく一部の場合に限り、初期費用や毎月のランニングコストが発生する場合があります。 詳細はお問い合わせください。

また、契約内容に従って毎月一定の賃料を土地オーナー様へお支払いします。稼働率・売上は一切関係ありません。所有される土地の面積・形状といった各種条件を調査・確認し、設計・施工を経て駐車場に完成させるのも、開業して管理・運営するのも全てユアー・パーキングの仕事です。

基本的な賃貸借期間は2年間からですが、ご都合に合わせて3ヶ月・半年・1年などの契約も可能です。その場合の解約に関する手続きも複雑なことは何もありません。設備を撤去して土地を更地に戻すのもすべてユアー・パーキングが行います。

車両1台が出入りできるスペースさえお持ちであれば、狭小・変形など土地の形状に問題がある場合も、専門会社ならではの経験・ノウハウの蓄積を活かし、駐車場として施工・開業させることができます。

日々の清掃・管理はもちろん、駐車場経営につきものの事故やトラブルもユアー・パーキングが責任を持って対応しますので、運営期間中にオーナー様に自ら動いていただく必要は何もありません。

 

資産運用としての一括借り上げ方式のコインパーキング経営のまとめ

ユアー・パーキングの場合、オーナー様にしていただくことは土地の提供だけです。資金ゼロで安定した固定収入を得ていただける「一括借り上げ方式のコインパーキング経営」という選択をぜひご検討ください。ユアー・パーキングは、オーナー様の疑問やお悩みに寄り添い、ご満足いただけるご提案をいたします。

関連記事

Page Top