資産運用としての駐車場経営の価値は?メリット・デメリットを解説

「資産運用としての駐車場経営の価値は?メリット・デメリットを解説」サムネイル画像

土地の資産運用には様々な手法があります。その中で駐車場経営が優れているのはどのような点でしょうか?今回は駐車場経営のメリット・デメリットを考察します。

 

たとえばアパート経営を選択した場合との比較

土地活用にアパート・シェアハウスなどを選択してしまった場合、まず初期投資にまとまった金額が必要で、場合によってはローンを組むことになります。また、一旦始めてしまうと容易に止めることが出来ません。運営期間中は入居者の確保・ローンの返済・建物の修繕維持管理など、時間・労力・金銭いずれもかなり要するのが実情で、オーナー様に大きな負担となってしまいます。また、一度建物を建ててしまうと更地に戻すのに大きな費用がかかってしまいます。

土地活用に駐車場経営を選択した場合、上記のアパート経営と比較して大変身軽な活用であることは大きなメリットです。なんらかの事情で契約を解除して更地に戻す場合も、かかる時間や費用は、他の選択肢と比較すればわずかです。

人口構成の急激な高齢化が進む中、不動産に関する需要がどのように変化を予想するのは非常に困難です。土地は身軽な状態で資産活用した方が得策でしょう。

 

駐車場経営の種類

身軽な土地活用としての駐車場経営にはどのような種類があるのかまとめてみます。

【月極駐車場】

月額支払いで賃貸契約する駐車場です。アパート経営同様、収入を確保するためには常に利用者を確保しなければいけません。

【コインパーキング】

不特定多数の誰でもが利用できる時間貸駐車場です。監視カメラ等と精算機を連動させて利用車両と料金徴収を管理します。

1. 一括借上駐車場
専門会社に一括して借り上げてもらう方法です。一括で任せているのでオーナー様の事情に応じた活用の変更や細かいご希望が反映されにくい面があります。

2. 自営駐車場
専門会社と契約せず土地オーナー様が自ら運営する駐車場です。売上はすべてオーナー様のものになりますが、設計・施工の発注はもちろん、精算機・看板などの初期投資、清掃・管理、トラブル対応等すべてオーナー様が自ら行う必要があります。稼働率によって収入が左右されます。

 

駐車場経営のメリット・デメリット

駐車場経営は他の土地活用に比較して低リスクで始められます。また、なんらかの事情で撤退・転換する場合も容易にできる点は大きな魅力です。さらに、狭小・変形といった土地のスペース的な問題点、活用できる期間に制約があるといった時間的な問題点にも柔軟に対応しやすい点も大きなメリットです。

駐車場経営のデメリットは、建物等が付随しない場合が多いので、税制上の優遇措置がほとんどないことです。固定資産税は更地評価、相続税評価も更地と同じです。逆に考えれば、更地のまま放置しておいても税金は同じように発生してしまうので、何らかの土地活用は行った方が良いでしょう。

 

ローリスクの資産運用「コインパーキング」という選択

土地オーナー様から土地をお借りし、24時間営業の時間貸駐車場として運営するのがユアー・パーキングのシステムです。オーナー様が初期費用や設備投資費用をご用意される必要はありません。
※一部の場合に限り、初期費用や毎月のランニングコストが発生する場合があります。

また、稼働率・売上に関係なく、契約内容に従って毎月一定の賃料を土地オーナー様へお支払いします。面積・形状といったその土地の各種条件を検討し、駐車場に完成させるのも、管理・運営も全てユアー・パーキングが責任を持って行います。

基本的に賃貸借期間は2年間からですが、オーナー様のご都合に合わせ、期間が3ヶ月、半年、1年などの契約もお受けすることができます。解約に関する手続きも簡易。設備の撤去・土地の更地返却もすべてユアー・パーキングが行います。

狭小・変形といった土地の形状にお悩みの場合も、車両1台が出入りできるスペースさえあれば、専門会社の経験・ノウハウの蓄積を活かし、駐車場として施工・開業させることができます。

日常的な清掃・管理はもちろん、駐車場運営につきものの事故やトラブルもユアー・パーキングが責任を持って対応し、オーナー様にご面倒がかかることはありません。

ローリスクで固定収入が約束された駐車場経営と言って良いでしょう。専門会社に任せたコインパーキング経営はとても手堅い資産運用です。

 

資産運用としてのコインパーキング経営のまとめ

土地さえあれば、資金なしで安定した固定収入が得られる駐車場オーナーとい選択はいかがでしょうか。ユアー・パーキングは、オーナー様の疑問やお悩みに寄り添い、経験の蓄積から最善のご提案をいたします。

関連記事

Page Top